2019年10月4日金曜日

4

秋の日はつるべ落としとはよく言ったもので、このところぐっと日は短くなり、過ごしやすい気温の日も増えてきた。

今回もまた愚痴が多くなりそうなので、先にお詫びしておきたい。まずはじめは、アナログとデジタルの話である。とは言っても、PWMやDCCなどと言った制御方式の話ではない。

結論から言うと「複製(コピーでは無い)の可否によって作品の価値が変わることはない」という話だ。例えば、紙に描かれたイラストと、パソコン上で描かれたイラストがあるとしよう。前者は一点物であるのに対し、後者は簡単に複製が可能なわけだが、仮にプロに依頼をして描いてもらうとすれば、どちらにしても相応の対価が必要である事は誰でも分かると思う。そうして製作してもらった作品は、仮にデジタル作画であっても無料で公開する人は少ないだろう。

しかし、模型向けのサウンドデータとなると、これを理解できない人が少なくないようだ。私が聞き及ばないだけで、3Dデータでも同じ現象が起きているかもしれない。これらはデジタルデータである事から、完成したデータさえあれば複製は非常に容易である。言い換えれば、その気になれば簡単に人の手に渡すことが出来るわけだ。しかし、先に挙げた例と一寸違わず手間のかかった作品であり、その価値が変わる事はない。簡単に複製出来るのはデジタルデータの大きな利点だが、だからと言って公開や譲渡が"当たり前"と思っている方があれば、認識を改めて欲しい。もっとも、このブログの読者にそんな人はいないと思うが……。

これに遠からず近からずな話として、技法の一般化に関しても触れておきたい。新たな技法には最初の1人が必ず存在するわけだが、必ずしもその最初の1人の名が残るわけではない。名が残るのは、その技法を誰もが真似できるよう、まとめ、発表し、一般化に成功した人の名前である事が多い。また、よくある話として、自分が最初に思いついたと思っていても、同時に、ないしはそれ以前に他の人が思いつき実行していた。なんて事も少なくない。
光栄なことにインフルエンサーと呼ばれることもあるけれど、この機会にはっきりと書き残しておきたい事がある。私は自分の名前を後世に残したいとは思っていない。なぜなら、そんなものがあった所で業界には何の影響もなく、自分以外が得することは何も無いからだ。他の人の思いついた技法を、あたかも自分が思いついたかのように紹介して有名になったところで、虚しさ以外になにが残るだろうか? そんな事をするくらいなら、しっかりと原案者の名前も紹介して義理を通した方がよほど気持ちが良い。こう言ったところで信じては貰えないのだろうが、もしも技法を横取りされたと恨む人がいれば、それは私からすれば、とんだとばっちりである。
この場合の技法に関しては、アイデアと言い換えても良い。ただし、技法とアイデアには1つ、大きな違いがある。それは、アイデアだけで作品は作れないという事だ。アイデアを実現するためには、それを作品に落とし込むための技術が必要であり、多くの技法はここで生まれる。そして、その技法は1つとは限らない。私個人としてはアイデアを思いついた人も尊重しているつもりだが、それはさておき、もしも自分のアイデアを自分の名前も含めて世に残したいと思う人があれば、それが作品に出来るまでは心に潜め、口外しない方が無難だろう。先述した通り、私は名前を残すという事に興味はないので、方々で思いついたアイデアを口に出してしまう事が多い。それは、自分の手では全てを実現出来ない事が明白だし、あわよくば誰かが実現してくれた技法を頂戴して、少しでも楽をしようと目論んでいるからだ。三人寄れば文殊の知恵なんてことわざもある。アイデアや技法の共有は、より多くのものを生み出す可能性があるし、私はそれを夢見て心を躍らせている。もっとも、これは強制するものでもないので、1人で取り組むのも大いに良いと思う。それこそ個人の自由だ。

9月の月末には軽便祭があった。色々と書きたい事は募るけれど、ここではぐっと絞りこんでプレ・イベントの講演にのみ触れたい。今年の講演の後半を担当されたエコーモデルの阿部敏幸氏は、筆者が特に尊敬している人物の1人だ。モデラーとしての技術やエコーモデル製品の開発、経営者としてももちろんそうだが、それ以上にその好奇心の旺盛さと観察眼の鋭さは、真似しようとして真似できるものではない。それなりに視野は広く持っているつもりだが、私なんかはまだまだである。
そんな氏の講演、内容は言わずもがな、紹介する順序や話術などなど、得られたものは非常に多い。講演の全体的な内容は来年に出版されるであろう「軽便讃歌Ⅹ」を見ていただくとして、その中から1つだけ中身を紹介したい。
スクリーンに映し出された軒下の地面の写真。よくよく見ると、雑草の中に筋状に草の生えていない薄っすらとした溝がある。これは、屋根から流れ落ちた雨水によって作り出された溝で、ここまで再現された作品は今のところ見た事が無いと。そして締めに一言、こういう部分まで再現される時代が、すぐそこまで来ていると思う、と。
このようなアイデア、気づきは我先に表現したいと考えるのが普通だと思うが、そうしなかったのは何故か。本当の答えは本人のみぞ知るだが、これをお読みの諸兄ならば大方の予想は出来るだろう。こういう所も含めて、私は氏を尊敬してやまない。念のために付け加えておくが、口に出していない本命のアイデアはほかにも一杯あると思う。

この際なので、なぜ筆者が視野を広くもつように心がけているのかに関しても触れておきたい。理由はいくつかあるのだが、第1は飽きっぽい性格だからだ。1つのことを突き詰めるというのはどうも苦手で、多くの場合途中で力尽きてしまう。色々なものをつまみ食いしたい性分なのだ。しかし、だからこそ得られるものもある。知っている知識が増えれば増えるほど、その知識以上のものが見えてきたり、知っている手段方法が多ければ多いほど、より適した手段を選べたり、それによって時間が節約できれば、より多くのものに目を向けることも出来る。これは目移りの激しい自分だからこそとも思っているので、このスタンスを変えるつもりは今の所ない。

2019年8月27日火曜日

3

・ようやく梅雨が明けたと思えば、もう秋を感じさせる今日この頃。先月は愚痴ばかりになってしまったので、今回は工作に関する話題を。

・プラモデルなどのディスプレイモデルはさておき、鉄道模型はレールから集電したりする事で自走する模型だ。ともすれば「意のままに走る」のは当然であって然るべきだが、中々うまく行かなかったりする。例えば集電不良で止まってしまったり、レールに段差が生じていて脱線してしまったり、そもそもレールと車輪の規格が合致していない事さえある。

・今回は、この中でも集電不良、車両側で出来る対策について考えてみたいと思う。
・私の手がけた車両のなかに、カトーの16番クモハ12がある。ボギーの台車からは全輪集電されており、台車の追従性も高く、車輪は厚めだが、DCC化していることも相まってか、非常に良く走る。基本的には製品のそのままなのだが、デコーダーなどを搭載する都合でウェイトを撤去している。つまり、このモデルにおいて、捕重は集電不良対策としてほとんど効果が無い事を証明している。軽くても、台車の追従性が良ければ問題は起きないらしい。
・もう一点、手元にあるモデルからエコーモデルのDC20も紹介しよう。3軸固定のC型ロッド式DLで、車輪はいわゆる片側絶縁、絶縁側には踏面にエッチング抜きの燐青銅の集電ブラシを当てる事で集電している。駆動に関しては第2軸にギヤがかかっており、前後の動輪はロッド連動となっている。そこに、個人的な改良として、DCC化のためのデコーダーと、そのデコーダーに対応しているスーパーキャパシタ(電気二重層コンデンサ)も搭載する事で、少しの無通電区間なら走り続けるよう改良した。その結果、よほどレールが汚れているわけでも無い限りは止まる事も無く、これまた集電不良知らずな車両になった。このモデルもウェイトは搭載していないから、捕重はもちろん、固定軸の可動化ばかりが対策では無い事を証明していると思う。「踏面よりも車輪裏側にブラシを当てるべきだ」という意見もよく耳にするが、これに関してもどうやら踏面摺動でさほど問題は無いらしい。個人的には、当てる場所よりも接触圧力の調整が大事であるように感じる。
・これらの結果から、HO程度の大きさであれば、イコライザなどを組み込むだけが解決法ではないと言えるのではないかと思う。コンデンサの増設であれば、電子工作のハンダ付けが出来れば可能だし、精度の高い工作が必要なイコライザ組み込みよりもずっと手軽だと思う。

・集電不良対策としてDCC対応スーパーキャパシタ製品の例を挙げたが、もちろん万全の対策とは言えない。なぜなら、スーパーキャパシタをはじめ、全てのコンデンサは充放電を繰り返す事によって劣化し、いずれは機能を果たせなくなるからだ。恒久的なモデルを目指すなら、交換が容易な構造とするべきだろう。また、スーパーキャパシタなら問題ないが、一般的な電解コンデンサは極性の向きが決まっている他、耐電圧にも十分に注意したい。使用方法を誤ると急速に劣化が進行したり、最悪の場合破裂する。コンデンサは集電不良対策として有効な手段だが、用いる際には十分に勉強したうえで特性を熟知してから使用したい。自信がなければ、市販の製品を利用するのが間違い無いだろう。

(追記)信頼できる方より、コンデンサは充放電の電解液揮発よりも、封止ゴムの劣化で寿命を迎えるケースが多く、現代の製品では電解液も封止ゴムも改良されて20年前の製品と比較して寿命が延びているとのコメントを頂いた。コンデンサの寿命に関しては、あまり考慮しなくても良さそうだ。

・ここまでは1両だけで走ることを前提としていたが、そうで無い場合、俗に言うところの編成ものであれば、車間をジャンパして引き通し集電化するのも有効的な手段だ。博物館に展示される模型は多くの場合はこの手法で集電力を強化している事からも、その効果の高さが伺える。
・博物館模型の場合は、個人の模型と違い出したら収納する必要は無いため、確実さの面からもリード線がコネクタないしビス留めされていて、リード線は貫通路を通り抜けている。しかし、個人の作品の場合、ホームレイアウトに置きっぱなしに出来るのであればともかく、そうで無い場合は容易に切り離せる構造が望ましく、さらにリアリティを追求するのであれば、リード線が車内を這って貫通路を通り抜けているのは興ざめする向きもあると思う。
・こうなると通電カプラーが現実的な解決策となる。幸いにして、日本ではIMONからビスで簡単に取り付けることができる通電カプラーが発売されている。伸縮を確保しつつ通電し、上下も自由に可動する優れものだが、1点だけ大きな落とし穴がある。導電部分の黒染め処理の接触抵抗が非常に大きいのだ。具体的には1枚の皮膜で100〜150Ω、接触する部分は2枚の皮膜となるので最大で300Ωほどの抵抗になってしまう。これでは通電カプラーとしての機能を果たさない。
・この黒染め皮膜はサンポールをはじめとした酸性の液体に漬けることで剥がすことが出来るので、使用前に皮膜を取っておくことをオススメしたい。

・今月は大きなイベントとして鉄道模型コンテストとJAMが開催された。これに関する雑感は来月まとめたいと思う。

2019年7月25日木曜日

2

・今年の梅雨は、梅雨らしさを通り越した雨の多さで気が滅入ってしまう。今や真夏でもジメジメした陽気だが、それでも良いから太陽の上がる夏空が待ち遠しい。

・ところでみなさん、各々に楽しんでいるスケールやゲージがある事と思う。1つだけという人もあれば、2つ3つ、果てには手当たり次第に手を出して、持っていないものを探した方が早いような人もいるだろう。スケールやゲージの選択は言うまでもなく個人の勝手であって、何を選ぼうと自由である。とは言っても、大きなスケールになればそれなりに金額も大きくなるし、発売されている車種も限られるので、自作でもしない限りは自ずと選択肢が絞られてくる。それはもう仕方ないとして、それ以外の理由を考えてみて欲しい。手に持った時のサイズ感や、走らせた時の挙動、再現したいディテール、細密感などなど。全く同じプロトタイプでも、サイズが違うだけで随分と受ける印象が変わったりする。大きいものには大きいなりの良さがあるし、小さければ小さいなりの良さがあるのだが、これは実際に手にして見ないとなかなかどうして理解されない。
・理解されないだけならまだしも、このところ自分の好きなスケールを賛美するために他のスケールを貶める人が見受けられる。当人にそのつもりはなくても、貶められる方はたまったものではない。他のスケールを嗜好している人に良さを伝えたければ、相手のスケールの良さも認めた上でないと相手にされないことくらい、少し考えれば分かると思うのだが。

・スケールに関する価値観に触れたので、このついでに素材に関する価値観にも触れておきたい。ここで指しているのはボディの主素材のことで、とどのつまりボディが金属主体なのか、はたまたペーパーやプラが主体なのかという話だ。
・現在、身の回りを見渡す限りではペーパーモデルは少なく、プラか金属が多いように感じる。これは製品の数や入手製に起因するもので、特にNゲージや海外製HOはプラ製品が主体である事から当然の様相だと思う。金額で比べれば安価なのはプラかペーパーで、ダイキャストを除く金属製モデルとは少なくとも2〜3倍、最近では10倍近い開きのある製品も見られる。ここで勘違いしないで欲しいのは、高いからといって必ずしも良いものとは限らないという事だ。高いものが安いものに負ける事があってはならないと思ってか思わずか、金属製モデルが好きなのは結構なのだが、何かにつけてプラやペーパーの製品を見下す人が散見される。
・金額が安い方が購入は容易であるし、多くの人が手に出来る以上、希少価値は薄れるだろう。しかし、それだけの事である。これによって、その素材の魅力が失われるなんて事はありえない。金属、プラ、ペーパーにはそれぞれに良さがあり、向き不向きがある。例えば、窓ガラスとボディの一体感ではプラ製品に、木製車両特有の歪みや丸みならペーパーに、表見の平滑度や全体の強度では金属製品に分があるだろう。もちろん、必ずしもそうと言うわけでなく、中には金属と見まごうような手の切れそうなペーパモデルも存在するし、プラ製品よろしく金属製モデルに巧みな窓ガラス処理を施しているモデルも存在する。こうなってくると、どの素材が優れているということは無く、得手不得手、好みの話と言えるのではなかろうか?
・ちなみに筆者が1番好きな素材は金属だが、これは素材が硬いために加工で失敗する可能性が低く、ろう付け出来ることから小部品であっても接合強度に安心感があるほか、溶剤が浸透しないために何度でも塗装をやり直せる安心感があるからであって、手に持った時の重量感があるからとか、質感が良いからという理由では無いことを書き添えておく。

・知っている方にとっては今更かもしれず、その際は読み飛ばして頂きたい。モーターの定格電圧に関する話である。今では主流と思われるPWM方式のパワーパックだが、これを使うときはモーターを始めとした電気部品の定格電圧に気をつけないと部品を破損するかもしれない。PWM方式のパワーパックの場合、電源が12Vの場合は12Vを流す時間を変えることで擬似的に電圧を変化させているため、わずかとはいえモーターには12Vの電圧がかかることになる。何が言いたいかというと、鉄道模型の最高電圧は12Vだから、これが想定されていれば問題ないのだが、車体が小さい車両などでこれ未満のモーターを使用しているとなると、モーターが損傷する可能性があるのだ。モーターを選ぶ際は、定格電圧が12V以上であるものを選びたいし、止むを得ず耐電圧の低いものを使うときは、特に注意が必要だろう。時折耳にする、PWMパワーパックだとコアレスモーター が壊れるという話の発端も、多くの場合でこれが原因なのではないかと思う。
・もちろんこれはコアレスモーターに限らずコアードモーターでも同じことが言える。ただし、コアレスモーターの方がレスポンスが良いため、コアードモーター以上に気をつける必要がありそうだ。また、PWM方式のモーター制御はパワーパックだけでなく、DCCのデコーダーによる制御でも用いられている。特にHO以上のスケールの場合、線路電圧が15V以上である事も想定する必要があるので注意したい。
・かような事情もあり、最近はモーターの定格電圧をよく調べるのだが、模型メーカーのホームページを見ても定格電圧が分からないことがある。特に動力ユニットに至っては、使用モーターの型番すら分からない事があって参ってしまう。模型メーカーからの情報がない場合は、モーターメーカーのホームページを見ればほとんどに場合はスペックが掲載されているので、これらをまとめた一覧表を作る必要がありそうだ。

・今月はなんだか愚痴ばかりなってしまった。もとより読者の多いブログでは無いが、これでは流石に申し訳が立たない。来月はもう少し工作に役立つような話題も盛り込みたいと思う。

2019年6月25日火曜日

1

・雨が多いこの時期は引きこもるにはうってつけだけれど、塗装は捗らないし、かといって湿度の高いなかで汗をかいてはんだ付けをする気も起きず、なんとも始末に負えない。普段はツイッターでとりとめもない短文を書き散らしているけれど、自分の考え書き出すのに140文字の世界はなんとも不自由で梅雨の湿気ほどでは無いにせよ中々に厄介で、それならいっそ別の場所に吐き出して仕舞えば良いではないかと思い至った。月に一回くらいのペースで投稿していきたいと思う。

・dda40x氏のブログに興味深い一連の記事があった。要約すれば「16番もHOと呼べるのではないか」という内容で、いわゆる“ゲージ論”に関する話題である。それはさておき、ゲージ論といえば呼称の話題と思う方が大半だと思うが、そもそものゲージ論はゲージ対ゲージ、すなわちHOよりもNが良いとか、HOよりもOの方が優れている。という論争の事を指したらしい。Nゲージャーに向かって唐突にHOの方がいいに決まっているなんて言えば喧嘩になるのは目に見えているけれど、Nゲージはレイアウトを作るのに向いているがサウンドを楽しむならHOの方が有利という話なら、印象は随分違うだろう。もちろんこれは例え話であって、正しい意見とは限らない。ただ、異を唱える自覚があるのであれば、相手のことを尊重した上で自分の意見を提示した方が、お互いに気分を悪くせずに済むし議論としての価値も高まるのでは無いかと思った次第。何もこれはゲージやスケールの話題に限った話ではない。

・今月のアーマーモデリング(237号)に「いいね」のもらいかた。」という巻頭特集があった。“いいね”はツイッターなどのSNSにある機能で、その名の通りいいねと思った人がボタンを押すと押された数が集計されるというもの。とどのつまり、どのようにすれば作品のウケが良くなるかという話で、これは戦車模型に限らず世の中の多くの作品発表に通じるものがある。どんなに優れた作品でも見せ方が下手であれば見向きもされないし、平々凡々な作品でも見せ方一つで脚光を浴びる可能性があるとも言える。あまり人の事は言えないけれど、SNSを眺めていると作品の見せ方には気を使いたいと思う事が少なくない。同じ趣味人にとどまらず一般人にも注目されているような作者が実践している見せ方の工夫は見習いたいもの。写真の撮り方はもちろん、それに添える文章ひとつとってもないがしろには出来ないし、インターネットを使うなら動画を活用するのも効果的な手段の1つだ。写真や動画の編集で悪戦苦闘していると模型を作りたかっただけなのに何をやっているんだろうという気にもなってくるが、これを投げ出すなら反応がもらえなくても嘆いてはいけない。

・フィギュアメーカーとして有名なPLUMから国鉄201系(1/80)のテストショットが公開された。と書けばこれといって何の変哲も無い話だが、そういう話ではない。2年ほど前の製品化決定の報から何の音沙汰もなかったところに突然テストショットが現れたのだ。というのも、その製品化決定の告知パネルに使われた図面が個人製作図面の盗用で、そもそも鉄道模型を作ったことのないメーカーだったことも手伝って大きな話題となった。当然ながら図面の作者は遺憾の意を唱えメーカーに問い合わせ、詳しいやりとりを見たわけではないが結果として喧嘩別れに終わったとはその作者の弁。それから2年、最近のメーカーによくあるような3D図面を公開することもなく製品ページも作成されないまま全くの沈黙を破って突如としてテストショットが現れたのだから驚かない方がおかしいだろう。当然ながらその情報は図面の作者にも届き、元々の印象の悪さも手伝ってか、ここが違うあそこが違うという大指摘大会の様相を呈していたが興味深いのは周囲の反応だ。2年前は同情する声が多かったものの製品としての発売が具体化すれば話は別らしく、盗用被害に一定の理解は示せるもののここまでくると大人気ないという声を多く見かけた。プラで安価な出来の良い模型が発売されるならモデラーが歓迎しないわけもなく、どうやらユーザーを味方につけられるまで沈黙を押し通したPLUMの方が一枚上手だったようだ。盗用に関しては言語道断だが、平面図だけから立体模型の設計が出来るはずも無いので、筆者はそれとこれとは切り分けて1ユーザーとして応援したいと思う。テストショットの出来は素晴らしく、発売が待ち遠しい。

・プラモデルのパッケージには完成させるのに必要な塗料の一覧が掲載されているが、はたしてその色が本当に正しいのか疑問を抱いたことのある方はどれくらいいるだろうか?しっくりする色が無いではないかと説明書をよく読んだら「2:3で混ぜよ」というような指定があって面を食らうこともしばし。鉄道模型に話を戻そう。鉄道車両の中でも国鉄型には「車両標準色」という実物の指定塗料が存在する。ぶどう色2号やねずみ色1号といった具合で、とにかくどの車両の色にも何かしらの指定塗料があてがわれている。そして、模型でも多く使われる塗料は複数のメーカーから同じ名前の塗料が販売されていて、青15号を例にとると実に9社(うち2社は入手困難だが)から発売されている。自分の好みで選べば良い話ではあるのだがウケを狙うなら人気のある色を選びたいのが人情で、すっかり困り果てた私はツイッターでどの色が似ていると思うかアンケートを取ってみた。ツイッターのアンケート機能の選択肢は4つまでなので、入手性の良いもの3種と自家調色1種を合わせた4種で1度目のアンケートを行い、人気のなかった1色を後から入手したものと差し替えて2度目のアンケートを行ったところ、初回の1番人気が2度目は最下位に転落した。写真やモニターの具合で色合いは変わってしまうので一概には言えないが、人の目は存外にいい加減らしい。身もふたもないが、やはり自分の好みで塗るのが1番良いのかなと思った。